カテゴリ:山( 99 )

中蒜山登山

このところ毎週のように山に登っています。
とても厳しいところもあれば ラクラク雪山もあって
楽しい時間を過ごしています。

今日は雪の予報でしたが 中蒜山に登りました。
久世インターから鳥取側は通行止めだったので 落合から下道。
凍結した道路はなかなかスリルがありました。
私は乗せていただいている人^^

下の写真は北房ジャンクションあたり。早朝6:30月が出ています。


a0036693_20551964.jpg
塩釜の冷泉 お隣の駐車場より登っていきます。
天気は回復気味。
雪が深い
a0036693_20590088.jpg
登山道に入ると雪が深く交代でラッセルします。
腰までの雪は大変。
頑張れ若者~
a0036693_23395581.jpg

通常2時間くらいで登れる所 5時間かけて山頂に到着
蒜山が眼下に
a0036693_23402891.jpg
時間オーバーのため、山頂に立ったらさっさと下山します。
a0036693_23403765.jpg
帰り 除雪車5台くらいすれ違いました。
道路脇は雪の山
a0036693_23464215.jpg


[PR]
by poco-toma | 2017-02-12 23:48 | | Comments(0)

大山に登った

今年のスタートは、体調もいいので山に登るぞ〜。
今日は一日中穏やかでいいお天気でしたね。
景色も最高でした。
a0036693_23134264.jpg


a0036693_23111176.jpg

山頂へと続きます。木々は雪に埋まってしまっています
a0036693_23031676.jpg

[PR]
by poco-toma | 2017-01-26 22:54 | | Comments(4)

那岐山

雪の那岐山に登りました。
那岐山は超お久しぶりです~

那岐山に着くまでが大変!
路面凍結で滑りそうだし国道から山の駅までは道路にもすごい積雪

スタッドレスタイヤは履いていましたが チェーンを付け
(除雪車到着 車の目前から除雪してくれました)
山の家に到着。

a0036693_23290353.jpg
そうこうしているうちに つぎつぎ車が入って来て
賑やかな那岐山登山となりました。
a0036693_23323861.jpg
ピークを目指すのもいいのですが 素晴らしい景色や
自然を観察するのも好きです
a0036693_23345281.jpg


[PR]
by poco-toma | 2017-01-21 23:36 | | Comments(0)

初雪山

もう、もう、本当に雪山に行きたくて うずうずしていましたが
やっと行くことができました。
悪天の方が、雪山って感じがしていいのです。

今日は有漢辺りからガスっていて 大山も白く
時折降雪がありました。

山頂は寒かった。
でも 登山道は比較的暖かく 快適でした。
気温が低いと手袋を脱げないので 
写真を撮るのも難しいのです。

雪が少なく木が出ています。
何メートルも雪が積もる大山では、6合目以上の木は全て埋まってしまい
6合目の小屋が埋まってしまう事もあります。
a0036693_22302075.jpg
木道が見えますが 登る人と下山する人がすれ違う時
ここから落ちないように気をつけましょう。
落ちると上がれないかも^^;
案外深い
a0036693_22292776.jpg
山頂小屋も埋まっていないので 中が明るい
ちょっと幻想的ですね~

a0036693_22293650.jpg

[PR]
by poco-toma | 2017-01-03 22:37 | | Comments(4)

クライミング

やっと落ち着いたので、和気へクライミングに行って来ました。
12月も最後だと言うのに、暖かく穏やかな一日でした。
a0036693_21363920.jpg

眼下に登山者が見えます。
[PR]
by poco-toma | 2016-12-25 21:33 | | Comments(2)

小鳥の森

a0036693_00064612.jpg
近くまで行ったついでに山歩き。
標高の低い山なので 運動靴で十分です。

午後になると あっという間に夕暮れのようになり
山は薄暗くなります。

縦走路の曲がり角で、男性とすれ違いました。
ちょっとびっくりしましたが 相手も驚いた様子。
お互い、笑顔で挨拶を交わしました。


[PR]
by poco-toma | 2016-11-21 23:57 | | Comments(0)

小森温泉

一昨日 久しぶりに新庄村の毛無山に登りました。
山なんて暑いだろう と思われるかもしれませんが
涼しかった~

ブナ林が木陰となって爽やか。
アスファルトで敷き詰められた岡山市内とは大違いです。

帰り、吉備中央町の小森温泉で汗を流しすっきりしました。
古い建物ですが お湯は最高です。
ぬるぬるして硫黄の匂いもちょっぴり。
かけ流しで湯の花も浮いています。

池田家のゆかりの「いで湯」
小森温泉
石鹸はありますが シャンプーはありません。
左の浴槽がぬるめ 右が熱い湯
a0036693_23144670.jpg
小さな窓から 川が見えます。
手水鉢
レトロでついつい シャッターを切りました。
a0036693_23152268.jpg

[PR]
by poco-toma | 2016-08-13 23:18 | | Comments(2)

熊山ハイキング

夏山に向けて トレーニングを開始しなきゃいけません。
以前と違って足が重く、友人のNさんをお誘いしての山歩きとなりました。

弓削コース登山開始10時 
およそ2時間かけて、ゆっくりおしゃべりも楽しみながら歩きます。
2か所 眺望の良い場所があり 眼下の景色を堪能。
岡山は水に恵まれていますね。
a0036693_21294777.jpg
 
山頂は良く整備されて 登山者やサイクリストが
思い思いに休憩していました。
ベンチで昼食 トイレも完備されています。

歩くのが難しい方は、お手軽に車で登ることもできますよ。
a0036693_21300913.jpg

体も気持ちも前へ前へ、静から動へと変えて行きたい。



[PR]
by poco-toma | 2016-06-11 21:31 | | Comments(0)

屋久島 宮之浦岳

やっとブログ更新です。
木曜日の夜 岡山出発し、鹿児島から屋久島に向かいました。
この日は山陽道で大きなトンネル事故があり、
中国道を利用したため、予定より時間オーバー

鹿児島からのフェリーに乗船
今回ははがきをザックにしのばせ、描く気満々で出かけました。
a0036693_20575673.jpg
鹿児島から4時間かけ 屋久島到着
念願かない縄文杉が見られます。
15キロのザックを背負い、登山口から白谷雲水峡~白谷小屋宿泊。

a0036693_21060059.jpg
キムチ鍋の後、寝袋で雑魚寝です。
19日はお天気回復。
縄文杉を通り 心高塚小屋まで喘ぎながら登る
巨大な杉と 瑞々しい苔を見ながらの登山
杉の切り株からは、新しい命が芽生えます。

縄文杉 写真では大きさが出ません。
a0036693_21084411.jpg
20日は小屋を朝 3時半出発。真っ暗な登山道を、宮之浦岳目指して歩きます。
寒さも忘れ、満天の星と天の川に歓声を上げる。
a0036693_21123964.jpg
山頂手前でご来光
a0036693_21121789.jpg
こんな巨岩もありました。
a0036693_21125842.jpg
後は一気に下山。
連休でもあったため、縄文杉を見る人が 次々と登ってきます。
長い長いトロッコ道を歩いて やっと荒川登山口へ下山
12時間歩きました。
高速船で鹿児島へ渡り、食事と温泉で汗を流し、またまた夜走りで帰岡。
なんともあわただしい屋久島登山でした。
ウイルソン株のスケッチ、友人に見せたら
なんの絵かわからないって^^;
実物はこれ。中に入ると 下のようになっています。
a0036693_21212316.jpg
最後に仲間が撮ってくれた、ウイルソン株の中の写真。
広いでしょ。
みなさん 上をみています。
a0036693_21264163.jpg
ハートの形をした空間がぽっかり。
a0036693_21313994.jpg




[PR]
by poco-toma | 2016-03-26 21:29 | | Comments(4)

中蒜山

今日は男子卓球の準決勝でした。
いやぁ~~ もう負けるんじゃないかと思えるような場面が次々現れて
見るのが怖かった。
二敗していて逆転 エースの水谷選手 素晴らしかった。
女子と違って あの距離。
高校時代 卓球クラブに入っていましたが
スマッシュ打たれると 取れないので 見ていると全て奇跡的。
考えられないスーパーミラクルプレーです。あすの決勝も絶対見るぞ!
写真は中蒜山
a0036693_23562215.jpg
a0036693_23571645.jpg


[PR]
by poco-toma | 2016-03-05 23:58 | | Comments(0)

岡山から発信  


by とまと
プロフィールを見る
画像一覧