花の無い お花見でした


夕方から、山の会のお花見がありました。
お花見とは言っても、桜は全く咲いていないんです。

提灯はたくさんともっていますが、
お花見をしているのは、我々だけと言った状態です。

河川敷の一角で 細々と盛り上がりますが、
徐々に寒さも厳しくなって
9時には 蛍の光が流れてきました。
そして お開き。

来週あたりは 大勢の人出で賑わうことでしょう。

絵はボイスレコーダー
自分の声とか、話し方を聞くと 冷や汗が出そう。
a0036693_22435261.jpg

[PR]
by poco-toma | 2012-03-31 22:39 | つぶやき 日記 | Comments(2)

筋トレ

水曜日の午前午後と金曜日の夜は、指導員による筋トレの日です。

行くのは、金曜日の夜がほとんどですが
腹筋、背筋、腕立て伏せ、足上げをみんなで一斉にするわけです。
初めての時は、終った時点で疲れてしまって、クタクタ。
次の日の しんどいこと。

最近は慣れたのか、マシーンを使って帰る余裕が出来ました。

足上げと言うのは、ややうつむき加減で横になり、踵から五つ数えるスピードで足を上げ
下してしまわないように下げて、またあげていくと言う。
これを片足30回繰り返します。
このしんどいこと。

今日 良くお聞きすると、全てにおいて、他のセンターよりかなり数が多いんだそうです。
慣れてきて物足りなくなり、徐々に数を増やして行ったとか。
涼しい顔をしてやっている人の、提案でしょう。
ちょっとオーバーだけど、私にとってはまるで拷問??
涙出そう~007.gif
そのうち、楽に出来るようになるといいな~~
a0036693_23202592.jpg

みなさんもやってみてね。
パンフは10回、とても簡単でしょう。クリックすると 少し見易くなります
続けることが肝心よ。

[PR]
by poco-toma | 2012-03-30 23:36 | つぶやき 日記 | Comments(2)

牛窓

a0036693_21492887.jpg

熊谷守一展 次々と来館者が訪れ、盛況でした。
岡山市内からさほど遠くない場所で 
熊谷守一の作品が見られるなんて滅多にないこと
出来れば 再度行ってみたいと思います。

白亜のホテル リマーニで昼食をとり、本蓮寺からスケッチ。
小高い境内からは、前島が良く見えます。

今回は西大寺バスセンターから、北周りのバスを利用し牛窓へ
帰りは南周りのバスに乗車しました。
[PR]
by poco-toma | 2012-03-29 22:05 | スケッチ・風景 | Comments(4)

a0036693_20191155.jpg

くろしお鉄道 ごめんなはり線に沿ったすぐ南の海岸
海ガメの産卵地になっているそうです。驚くほど長く美しい砂浜
a0036693_20215619.jpg

土佐国分寺 咲き始めの枝垂れ桜を見ることが出来て、とてもラッキーでした。
下は竹林寺 見応のある宝物館があります。(有料)
a0036693_2023373.jpg

雨の中走った 横浪黒潮ライン
こんな高所のルートですが お遍路さんが歩いています。
a0036693_20252767.jpg

スケッチも初日は 通りがかりの郵便局で
風景印をお願いするなど 頑張って出しましたが
後半は時間との闘いで かくことで精一杯。
なるべく簡単な物になっちゃいます。
a0036693_20271489.jpg


四国88か所 歩き遍路にあこがれていましたが
女性はトイレが大変だそうですよ。
道路事情も悪いですね。
国道56号線 トンネル多が多く、山岳道路ですが
歩道もないところがあって 危険極まりありません。
ちょっと 軟弱な私には無理かな?

歩きお遍路は、ほとんど定年後と思われる男性の方ばかりでした。
一人で黙々と歩いています。

[PR]
by poco-toma | 2012-03-26 20:39 | 四国88ヶ所 | Comments(0)

2日目は最御崎寺(ほつみさきじ)を登り 岬周辺を散策
a0036693_2147260.jpg

室戸岬と言うと、やはり これでしょう。
絶対に見たいと思っていた御厨人窟(みくろど)です。

太子がここから見える空と海に感銘を受けて、後に空海と名付けたんだそうです。


a0036693_2175065.jpg

上は昼食、くじらのたたき定食。
a0036693_2121389.jpg

津照寺ですが、ここも急な階段を登り あえぎあえぎお参りします。
四国のお寺は、山の上にあるところが多く、足腰鍛えておかないと
本堂まで辿りつけません。

少し階段を登っただけで 息切れがする・・・とほほ
a0036693_21255473.jpg

こんな真新しい仁王様もありました。
後で写真を見ても どこのお寺か分からない。
a0036693_21472436.jpg

上は吉良川町の街並みを歩いて 撮ったものです。
漆喰が通常と違って、台風の雨風にも耐えられるように丈夫に出来ている
製法も書かれていましたが 失念しました。
高知東海岸には古い町並みが残っていて、町屋巡りも楽しそう。
でも時間が無いんですよね。
とりあえずは4寺巡って、黒潮温泉に入り 道の駅「やす」へ
道の駅裏は海岸。夕日がすばらしいですよ
[PR]
by poco-toma | 2012-03-25 21:48 | 四国88ヶ所 | Comments(4)

四国へ

a0036693_2245117.jpg

20日午後3時頃家を出て、ひたすら室戸まで車を走らせました。
徳島経由で日和佐で温泉から出た頃、外はすでに真っ暗。
日和佐過ぎてから室戸岬まで、民家の無い単調な海辺りの道路が
延々と続きます。
a0036693_22501613.jpg

ライトの光が反射板に当たり どこまでも続く光の帯
左が海で、窓を開けると波の音が~
ひぇ~~~ こわ~~~
(たこ幽霊、海坊主、お化け出ませんように・・・・)

恐かったと 室戸岬で 男性の方に話したら、
焼山寺への道程の方がもっと恐い・・・って そうですか?
山は熊さえ出なきゃ 結構平気なんですけど。

室戸岬近辺 朝の目覚めは最高でした。
お天気良し、空気良し、小鳥のさえずりで目覚め、
こんなすばらしい目覚めは近年なかった事。
a0036693_2314795.jpg

そんなわけで 高知の88か所巡り(修行の道場)が始まりました。

[PR]
by poco-toma | 2012-03-24 23:05 | 四国88ヶ所 | Comments(0)

嬉しいお休み

a0036693_22465020.jpg

明日から1週間ほど 休みになりました。

何しよう?

有意義な毎日を 過ごしたいですね。

河鍋 暁斎のカエルのへび退治
見ていて笑っちゃいそう

本当は、みんな驚くほど生き生きしてるのに、
難しいね~
へびなんか丸太になっちゃった。
[PR]
by poco-toma | 2012-03-19 22:54 | 摸写 | Comments(4)

お彼岸

a0036693_2040181.jpg

このところお天気が悪くて、
洗濯ものが干せない状態です。

寒い日が続いていましたが、
今日は雨で、岡山市内も暖かかった。

お寺さんが来られ、
久々に家の中が一部屋片付きました。

住職が若い方に変わっていて、びっくり。
なんと、30代です~@@
元気なスポーツマンと言った感じ。

お寺も今までと違って、活気が出るといいですね。
お寺なのに、活気って可笑しいかもしれませんが
熱心な檀家さんは、喜ばれるでしょう。
いろいろとあるんです、詳しいことは省略
004.gif
[PR]
by poco-toma | 2012-03-17 20:54 | 果物 | Comments(2)

a0036693_22153448.jpg

珍しく朝から整理、整頓、机のまわりもちょっと片付けて・・・
お返事をかいたり、作業確認をしたり

あ~ぁ これで一日が終わっちゃいそう

とうとう3時過ぎには、用事を作ってお出かけすることにしました。

ついでに児島湖堤防を渡り、気になっていた11番札所円通庵を探しました。
児島の札所を探すときは、水平じゃなくて、上方向を確認するのがポイントです。
ちょっと 小高い場所に お堂らしき屋根が見えます。

車は下の道路 消防の空き地に停めさせていただき 歩いて尋ねました。
a0036693_22235373.jpg

きれいに整備され お地蔵さまも大切に管理されています。
そして 左方向を見ると 上の絵になるわけで。
なんともヘタな絵^^;

それにしても、いいところですねぇ 
四国まで行かなくても 地元にこんないいところがあるのよね。
実は四国88ヶ所も かなり気になっています。

[PR]
by poco-toma | 2012-03-16 22:30 | 児島88ヶ所 | Comments(2)

図書館へ

a0036693_1623263.jpg

県立図書館、いつもは自転車で行くのですが、
今日は車で行ったので時間を短縮できました。

ガソリン代も随分値上がりしましたねー
今の車は、燃費が悪いんです。

先日 タイヤの空気圧高くしたから、少しは良くなったかな。

歩いたり自転車など エコ生活もいいのですが
やはり 車は移動に欠かせない手段です
あとは、上手な運転 心がけること位かしらね
家でじっとしているって方法もありますが、私には無理。
[PR]
by poco-toma | 2012-03-15 16:29 | スケッチ・風景 | Comments(2)