日々是絵手紙 pocoetega.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

岡山から発信  


by とまと
プロフィールを見る
画像一覧

    田倉牛神社




a0036693_1153466.jpg


          田倉牛神社

a0036693_1171245.jpg

[PR]
Commented by さざ波 at 2005-02-07 11:04 x
この神社、私は通りすがりに寄ったのですが、珍しさに驚きました。
フェンスに囲まれた中に、小さな牛の置物が山のように積まれています。
神社かと思ったら、神主さんもいないし社殿もない・・・
だから神社じゃなく、読み方も《たくらうしがみしゃ》なのです。

岡山日日新聞の大祭記事↓です。
http://www.okanichi.co.jp/contents/past/2005toku/usi01.htm
詳しくは、田倉牛神社のHP↓をご覧下さい。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~madam-k/

それで、ホルスタインの登場ですってね!
備前焼の本場なのに、他の窯元が《朝青龍》を目指してるのかしら?(@_@)? 
Commented by さざ波 at 2005-02-07 11:52 x
田倉牛神社のHP、トマトさんの絵に出ていたのに見落としていました。<(_ _)>
粗忽者でお恥ずかしいです。懲りずにお付き合い下さい。
Commented by さざ波 at 2005-02-07 20:18 x
処で、乳牛は勝手にお乳が出る品種改良種、と思っていませんか?
あれは、次々、子供を産ませてお乳を出すようにしてるんです。

聞くも涙のお話ですが 仔牛は父の顔を知らず、母もまた夫の顔を知らない。
なぜなら人工授精で生まれるからです。生まれたときは、40kg弱ですが、
1歳3ヶ月も経つと340kgの大人になり、恋愛もなく、勝手に人工授精され、
9ヵ月後には、父を知らない仔牛が生まれ、母牛はお乳が出始めます。

毎日20〜30kgのお乳が出ますが、人と同じで子供が乳離れすると、
お乳は止まります。搾乳のために、母牛は、その都度、人工授精され、
毎年、毎年、子供を産んではお乳を人に提供するのです。

乳牛にインタビューしたら、「子宮の空く間がなく、相当、しんどい
仕事です・・」と話してくれました。 潤んだ大きな目が忘れられません。
Commented by poco-toma at 2005-02-07 21:41
乳牛のお話には 驚きました。
そんなこと 考えたことも無かったですね。 正に体を張ってのお仕事。
女性じゃないと分からない 苦労ですね。σ(^^;)
牛と言う動物ではなく 乳を生む道具になっているわけです。 
人間が生きていくために 多くの犠牲があることを 忘れないようにしないといけないなぁと思いました。
Commented by さざ波 at 2005-02-08 10:29 x
そうですよね。そう思って、人は謙虚でなければ、と痛感しています。
人間は、呼称一つでも不快感があるのはイヤだという。人の尊厳に係わるという。
命に関係ないことで、いがみ合う。これは不味いとか、あれでなくっちゃとか・・
結構、文句だらけで生きています。/(-_-;)\ 

肉牛の屠殺は辛い・・と思っていたけど、毎日飲んでるミルクが、ここまで
乳牛の尊厳も人生も無視して供されていることを知って、驚きました。
人工授精の現場をテレビで見たことがあります。人が腕ごとスッポリ入れて
受精させる。否応ナシです・・。しかし、私の思いはそこ止まりでした。
仔牛は父の顔を知らず、母も夫の顔を知らず、恋愛感情もナシ・・。
そう気付いて以来、ミルクを飲む時、敬虔な気持ちがよぎるようになりました。
恩恵を受けている全てのものに、そうでなければ、と思います。
私は丑年ですが、人であるだけで牛の宿命を免れています。 (^_^;) オシマイ
Commented by poco-toma at 2005-02-09 01:31
こんばんは
丑年ですか?
じゃ もしかして私の母と同い年? んな わけないですよねー(^^;
遅くなっちゃったので おやすみなさい~
Commented by さざ波 at 2005-02-09 09:12 x
オシマイと書いたけど、レスに爆笑! ずっこけて罷り出ました。
お母さま、そんなにお若いんですか。なんちゃって!
でも、同い年かも・・・ね。私の母は、95歳なので・・・
Commented by poco-toma at 2005-02-09 10:29
今日のおじさん図鑑を読んで さざ波さんと視点が似ているなぁと思いました。
木や動物 物言わぬものたちの立場に立って考えると 人間は勝手ですよね。

物を言わないから何事も無く収まっていますが 言うとしたら 
抗議が多くて 人は小さくなっていないといけないかも。

それにしても 発想が面白くてたのしいですね。

できましたら 行間を度々空けてくださると  目が疲れる私には
読みやすくて助かります。
又 寄ってくださいね。(^^)
by poco-toma | 2005-02-07 01:19 | 神社、仏閣、 | Comments(8)