人気ブログランキング |

2019年 06月 04日 ( 1 )

妹尾です。旧街道?を車で走ってると 大きな神社が現れました。
汗入の南に位置するのかな?

神社の由来が記されています。
a0036693_21471523.jpg
読みにくいので 神社庁のHPをコピペしました。

御祭神の大吉備津彦命は、第7代孝霊天皇の皇子で第10代崇神天皇の御代に四道将軍の一人として吉備の国に下られこの国を平定された。
 その後、仁徳天皇が吉備地方に行幸になった時、吉備津神社を建立し命を祀った。当社は、吉備津神社の摂末社72社の1社であり、妹尾西磯の鎮守社として祀ったものである。
 創建は定かではないが、当社燈篭に「開闢神亀3年春3月」とあり、聖武天皇の御代(726)にはこの地に社殿が建立されていた事がうかがえる。
 又伝説によれば、吉備津彦命は汗入(あせり)の沖で賊将・梟帥(たける)を成敗した時、大風により船が転覆しそうになったが大亀に助けられた。やがてその磯の前の3つの小島に住吉三神を祀り、汗入の浜に豊玉彦命・豊玉比売命を祀った。その後現在の地に社殿を建立し吉備津彦命を祀ったとされている。
 現在でも、三つの小島の証として、境内には波に洗われた大岩・土中には多くの貝が現存する。


汗入と書いて 「あせり」と読むんですね。
こちらも調べると 興味深い。
児島湾干拓までさかのぼるのだそうです。


東区水門町には亀石(かめいわ)神社があります。
亀ってやはり縁起がいいんですね。
a0036693_21471247.jpg
広い境内
a0036693_21423303.jpg

by poco-toma | 2019-06-04 22:12 | 神社、仏閣、 | Comments(0)